少しの工夫で楽しく糖尿病の症状と向き合う

毎日、ほんの少しの工夫をするだけで楽しく糖尿病の症状と向き合いませんか?

糖尿病の症状が現れている方は、食事をゆっくりと噛んで食べる習慣を身に付けましょう。

ゆっくりと何度も咀嚼をする事で、満腹感を今までより少量で感じる事がかできます。

これは、咀嚼により満腹中枢が刺激されるからです。

その他に、できれば一日に一度は体重を測るようにしましょう。

体重を管理することも、糖尿病の症状がある方には重要です。

体重が増えると体脂肪が増えるのでえ、インスリンが十分に働かなくなります。

健康診断で、この疾病の予備軍と診断された方も体重の管理には気をつけましょう。

この疾病になる事を未然に防ぐことが可能になります。

インスリン抵抗性になると、血糖値をコントロールするインスリンが正常に機能しなくなります。

これは、この疾病になる大きな要因です。

年齢が上がっても、食事量が減らない方は体重が増加しやすくなるので特に体重管理を行うよう注意が必要です。

無理な運動は避けて、ウォーキングやストレッチなど医師に相談して行います。

運動療法を行うメリットは、インスリンの感受性を良くする事です。

運動をしたり、何らかの方法で体を動かすことにより糖尿病の症状がある方は必要です。

インスリンの感受性が向上することにより、高脂血症や高血圧にも効果が期待できます。

食後すぐの運動は避ける事が、この療法のポイントになるので運動は食後1時間程度はあけましょう。

一日15分から30分程度の散歩などを2回に分けて最低でも週に3回はするようにしましょう。

いきなり激しいスポーツをすると体に負担がかかるので、まずは歩く事から始めます。

運動療法は、医師の診察を受けながら行うようにしましょう。

これらについては、このサイトが参考になります。

糖尿病の症状とはどんなものか確認

歩くのが難しい場合は、ストレッチ軽く行うなどで、基礎的な筋力をつけるもの良い方法です。

食事療法と併用して運動療法も、糖尿病には欠かせないこの症状に有効な方法です。